原油はロシア、米国フル生産、OPECは無力

週明けは背景不明のポンド売りから始まる。と同時にユーロ売り再開でドル円はポンド円、ユーロ円下落で円高気配。足元は欧州通貨に目線が移るものの、ドル円の方向感は108円。

貴金属は金銀白金はドル建て確りながら円高圧迫。

原油からはトレンドが消え、米国とロシアのフル生産で、OPECは過去の組織となるなかで、このまま横ばいの円高。

コーンは小麦反落もあり失速。

ゴムは上海反発で小幅高ながらも、戻りには限界あり。

まずはユーロ売り、ポンド売りの流れで、オージーが落ちたらドル高円高で決まり。クロス円の売り先行、ドル円108円コース。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事