メキシコ農業大臣 農業使節団を南米に派遣

 メキシコ農業大臣は2月16日農業使節団をアルゼンチンとブラジルに派遣してトウモロコシの調達に当たらせると述べた。これまでメキシコはトウモロコシを100%米国から輸入しており、米国にとっては、トウモロコシ輸出量の約4分の1を占める最大の顧客である。

 米国農務省が昨年11月末に公表した米国農産物貿易概要によると、2017年穀物年度の農産物輸出高予想は1340億ドル、農産物の最大の輸出国は中国で、2017年度は218億ドル(約16%)、次いでカナダの213億ドル(約16%)、メキシコは第三位の183億ドル約(約14%)である。トランプ大統領は、メキシコに壁を作ると述べてメキシコ大統領との会見がキャンセルされ、険悪なムードになった代償として、トウモロコシの最大の顧客を失おうとしている。これぞ貿易戦争であり、一方を立てれば他方が立たないという問題である。

 トランプ大統領は、機械や鉄鋼等の労働者の歓心を買おうとしているが、農民に対する政策は聴いたことがない。米国は世界最大の農業大国であるが、農業人口は1.6%、農産物生産額はGDPの約1%である。これを少ないというのか機械や鉄鋼の労働者の方がだいじというのかよくわからないが、トランプ大統領が就任直後に離脱したTPPも米国の農民にとっては輸出拡大のチャンスだった。TPP締結により環太平洋諸国の農産品輸入税が減税される機会だったからだ。おそらく農民は不満をもっているのではないかと思われる。
 
zu1
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事