サウジ大幅減産、OPEC減産順守率92%

13日に発表されたOPEC月次報告によると、1月のOPEC全体の産油量は日量3213.9万バレルと前月から89万バレル減となった。イランは前月から5万バレル増加したものの、サウジ産油高がなんと大台割れの日量994.6万バレルと前月から-49.6万バレルの大幅減産となりました。

 さらにOPEC生産高2位のイラク産油高も日量447.6万バレル前月比-16.5万バレル減少となりました。クェート・マ-ルズゾウク石油相は、OPECの減産順守は92%、非OPEC加盟国は50%、現在の原油価格は適正であり、OPECと非加盟産油国による減産合意がさらに達成されることにより上昇する見通しとしました。

 また非OPECのロシアも段階的に引き下げてくると思われ、今年度は、供給過剰が解消すすみそうです。よって原油価格は、徐々に下値を切り上げていくものと思われ、東京ガソリンも買い方針がベターでしょう。
 
sauji
 
opecsanyu
 
gaso0215
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事