コーンは、エタノール需要の増加で堅調地合いが続く

 先週のUSDA需給報告では2016/17年米国コーン期末在庫は、3500万Bu下方修正の23.20億Buとロイター予想平均23.35億BUを下回りました。供給サイドの数字は据え置きでしたが、エタノール需要が53.5億Buに+2500万Bu上方修正となり、需要面が3500万Bu引き上げられました。

 直近のEIA週間石油統計によると、エタノール生産量は、105.5万バレル/day。エタノール生産高が昨年10月末以降105万バレル前後の高水準が続き、15週連続で100万バレル/dayを超え、好調を維持しています。コーン需要の36%を占めるエタノールなど工業用需要が価格を下支えしそうである。

 2月後半からは、2017/18年産に目が移っていき、春高が期待できそうだ。東京コーン先限も1/23高値22800円を上抜き、堅調地合いが続くものと思われる。
 
kon001
 
kon002
 
kon003
 
kon004
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事