目先はドル買いへ傾斜、原油下落開始

原油は下落開始となった。ブレントは北海で洋上在庫が蓄積されつつあり、欧州とアジア向け調達が減退している。短期需給緩和から下落開始となり、東京もまた下落傾向。

貴金属は金銀が確りでプラチナが最弱の構図。

フランス選挙を前にユーロ売りとなり、ポンドもブレグジットの議会対応を背景に不安定な動きとなっている。しばし視点は欧州に戻る。

ゴムは保合となりシカゴ穀物はコーンが高どまり。

日米会談を経て円高バイアスが強まるならドル安を背景に貴金属しっかりでしょう。今年の原油は40~60ドルで大きくは動かずかも。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事