トランプ大統領がパイプライン建設許可、インフラ相場へ

トランプ政権始動効果が出始めている。キーストーンパイプライン建設許可で銅、PGMが上昇。主要株価指数は全て上にブレイクし、これもオバマ氏の政策否定の一環、180度変るアメリカ相場。

通貨はドル安ながらも円最弱にてドル安円安気配に傾斜中。

貴金属はPGMから上げて行き、金は後追いながらも確り。

そして原油は北海での800万バレルの洋上在庫の存在があり、重さが残る。

シカゴ穀物は横ばい。

ゴムは1月限納会を経て中国市場の連休入りのタイミングで次第に小康へ。

東京全般はドル安の流れにあって円が相対的に弱いため、売りよりは買い目線の方が良いかも。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事