トランプショックでドル安へ傾斜

トランプ氏はオバマ氏の政策否定で始まる。TPP離脱、オバマケア修正、NAFTA修正、メキシコ移民規制強化と、米国第1主義が先行するなかで、米国経済の先行きには不透明感が残る。

週明けアジアではドル売りが先行中にて貴金属はドル建てから下値切り上げ気配。

原油はアジア向けに4隻のVLCCの調達買いを確認し、確り。

ゴムはここ60年で最大規模の洪水に見舞われたタイ産地では減産の影響が残ると思われるが、投機買いの解消が先行しやすいようで、1月限納会と中国での春節入りも調整先行要因と思われる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事