円全面高残り、PGMは確り、原油は下落開始

トランプ氏就任前の空白期にあって11日に会見を予定。円全面高気配が残りつつ、インデックスではドルは横ばい。

円高残りのもとで貴金属はPGM先行で確りで今朝はプラチナ、銀、銅がアップサイドへブレイクし、東京も買い目線を維持。

原油は洋上在庫積み増しの動きがあり、ブレントが弱く、これは東京も売りの目線が昨日から。

ゴムは昨夜の夕刻取引で上海に追随し上昇開始。プーケットから南のマレーシアよりのエリアが産地にて洪水で輸送に障害ありとか、雨がふるとタッピングも効率が落ちる。

横ばいのシカゴ穀物ながら円高伸展で東京にも重さ。まずはトランプ氏会見待ち。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事