オフショア中国元急騰でドル売り、ビットコイン売り、金買いへ

ドル建て貴金属から急速にボラティリティが低下しつつ、ドル買い最大を経てドル安に傾斜。FOMC議事録を経て株価は反発し、ラッセルが上にブレイクしている。ドル安と円安が共存。

この流れでコモディティはメタルがPGMから上昇し、今朝は銅とパラジウムが上にブレイク。流れが変ってきている。

2017年は引締め=ドル高の一辺倒ではなく、米国経済の拡大と日本経済の復調という2005年タイプの景況感改善マーケットになるのでは。それでも米ドルの高金利化がエマージングを圧迫し、日米に明るさ、欧州に政治ストレスを強める結果、明るい先行きが見え日本株上昇と国内商品価格上昇の流れをイメージ。

インフレとは景気拡大、経済拡張をべースにしている。明るさが垣間見える2017年です。

※オフショア中国元急騰でドル安ビットコイン売り、金買いへ傾斜中。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事