プラチナ最弱、ドル高・円高、日本株は調整売りへ

28日のロンドンからユーロ、ポンド売りが先行してドル円が崩れ、今朝7時のくりっくオープンで投げが入り116.82まで下げる。足元はクロス円の重さがTOCOMを圧迫しつつ、実需不在のドル円は投げで115~114.30までの短期調整もありうる。

メタルでは最弱がプラチナで確りなのは金。

原油は高どまりつつ北海洋上在庫が2隻まで減少、しかし円高潜在で東京も重い。京浜現物市場は1月3日まで休み入り。

ゴムは上海先行での下落モードへの地合い変化を探りつつ、東京は円安一巡で圧迫あり。

シカゴ穀物は買い戻し一巡で失速あり。

日経225-3月限は売り転換。ポンド円、オージー円、ユーロ円とクロス円は売り。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事