ドル安円安でメタルは確り

閑散ながらも、今日はシンガポール、東京、NYがオープン、英国と香港は今日まで休み。

ドル安円安気配で始まり、ドル建てメタル、WTIは確りで始まる。目先は買い戻しで一旦反発もありの東京貴金属。

原油はドル建て横ばいとして、ドル円で117.25円越えなら円安回帰で売りは後退。

ゴムは東京の12月限納会を前に上海先行で下落し、売りに転換しつつ、足元の通貨安が下げにどこまでブレーキをかけるか。

2017年は引き続き、米金利上昇を背景としたドル高の持続度がコモディティの大枠の流れを決めて行く一方で、今年の年初と同じく、中国経済の減速如何で早くもドル円の上昇を止めてしまうかも、金利では円安ながら経常収支では円高の構図。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事