時代はビットコイン、クリスマス接近で実質年末の今週

FOMCを経て2017年の利上げペース3回を確認。今週はクリスマス接近で実質年末アプローチで次第に閑散化。20日の日銀会合での長期金利の誘導方針に関心あり。ドル買いに傾斜しクロス円が失速しつつある中で、ドル円の買いも一巡するかも。

貴金属は中国、インドの一部でビットコインへの逃避買いがあるようで、これも時代の変わり目の一環、金は現物不足でプレミアムがかかり高い買いものとなり、キャッシュのドルも不足しているか、制限があるなら、ビットコインが買われるという構図。PGMはプラチナ売り/パラジウム買いポジションの解消が入る。

原油は北海からアジア向けにVLCCが2隻出港。実需が動いている。

一方、シカゴ穀物も実需背景に確り。実需ありの原油、穀物。実需減退の金。

※ドル建てビットコイン788.67(+0.02%)-年初430.89-年間安値368.49

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事