2017年はドル一段高、貴金属一段安へ

時代の変り目トレードは貴金属売りで始まった。FOMCで2017年の利上げペースをまず3回確認。2017年は当初ドル一段高にてユーロは1ユーロ=1ドルをトライへ。

貴金属は下落回帰となり一段安。

ルーティンな消費が存在する原油、穀物等は大きくは下がらずで、こちらは消費国の、特に新興国通貨の下落による新興国経済クラッシュを警戒する必要あり。

成長のコアは米国と日本、ロシア、中国に移っていくものの、資本流出による通貨安が進行中の中国経済を注視。ともあれ、ドル高と米金利高の時代に戻る。米国の財政赤字がテーマになるのはまだ先。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事