NY原油のチャートはポイントに差し掛かっている?

 OPECの減産決定により大きく上昇しているNY原油だが、今週末に予定されている非加盟国との会合で希望通りの60万バレルを飲むのかどうかで今後の動きが変わってくるかも知れない。

 現在のNY原油(WTI)のチャートを見てみると、先週末の高値は51.80ドル。

 今年に入って6/9の51.67ドル、10/19の51.93ドルとほぼ同水準にまで上げてきたことに。

 直近の11/22の49.20ドルをネックラインとしてみると、N計算値で51.82ドルとなりこれにはほぼ到達ということになってきたが、もしもここを通過してくるようだと次はV計算値の53.58ドルと言うところが意識されることになるかもしれない。

 10/19の51.93ドルを付けた時は8/19の48.75ドルをネックラインとしたN計算値でほぼトップとなってきているが、ここを通過してくると週足ベースでもちょっと雰囲気が変わってくることになる。
 
NY原油日足
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事