イタリア首相辞任表明、金は反発

週明けアジアでイタリア首相辞任表明。公式発表は20分ほど遅れた。ユーロ売りが先行し1.0503安値まで下落しつつ、ドル円は122.84安値から反発し、クロス円の買いが交錯。

貴金属は金が8ドル高で始まり、次第に小康。プラチナは6.3ドル安と弱い。

原油はブレント、WTIともOPECは過去の話で目先の戻り高値確認を経て失速に入るのでは。

ゴムは高値圏での保合続く。

シカゴ穀物はスローペースでの輸出需要を背景に戻りに重さあり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事