ドル買い地合い残る、ゴム反落

調整を経てのドル買いが残る。11月末を経ての12月相場はドル買い継続が前提。米10年債2.2945%-が支配する。

次期政権の政策が不透明ながらも財政が動くという前提で金利は上昇。名目で金利差が拡大するならドル売りは短期で、若しくは買いポジションの利食い解消タイミングでしか発生せず、ドル買いに持続性ありとして、この軸線上では貴金属、原油、穀物等コモディティには圧迫感が残る。

常に反落可能性を意識せざるを得ず。ゴムも反落。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事