感謝祭前のドル買いラリー持続度を探る

トランプトレイン走行中にて、24日感謝祭までが目先一区切りか。1.78%から2.35%まで動いた(価格が下落した)米国債相場となり、日銀が動いて欲しくない円債金利が上昇し指値買い介入。米国で財政が動き始めるとして、米国景気拡大見通しを背景にドル買い。
ロシアの影響力が増していく中で、米国長期債が各国準備資産のコアを占める以上、この動きは重要。

貴金属はドル高圧迫が残り、特にプラチナに弱さあり。原油はドル建て横ばいの円安伸展で東京は上向きで、東京金は横ばい。

ゴムが続伸する一方で、穀物は中国元安、円安背景の上げ。

※金利が動くと構造的に、ドル売りのコストが上がり、構造的にドル買いに走りやすい。思惑を超えた相場形成となっているため、ドルの売り上がり、円高期待の売りにはリスクあり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事