米国コーンのイールド、生産高、期末在庫とも予想外に上方修正

 昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると、2015/16年米国コーンの需給報告は前月通りで全て据え置きとなりました。

 2016/17年米国コーンは、前月下方修正されたイールド、生産高が予想外に上方修正され、期末在庫は前月から8300万Buの上方修正の24.03億Buとし、ロイター予想平均23.0億Buを上回りました。生産高見通しは前月から1億6900万Buの上方修正の152.26億Buと、ロイター予想平均150.41億Buを大幅に上回りました。ミネソタ、ネブラスカなどのイールドが引き上げられ、史上最高の豊作は決定的です。

 需要面ではエタノールが前月から2500万Bu引き上げ、食品、種子、工業用が8500万Bu引き上げられましたが、輸出需要は据え置きとなりました

 2015/16年度世界需給は、世界コーン生産高がアルゼンチン+100万トン(2800→2900万トン)の引き上げを受けて9.5988億トンと+74万トンの上方修正となりました。2015/16年世界コーン期末在庫は、前月からやや引き下げの2.0939億トンとしました。

 新穀の2016/17年世界コーン生産高は、米国+427万トン(38247→38674万トン)、ロシア+50万トン(1400→1450万トン)、ウクライナ+100万トン(2600→2700万トン)と引き上げられ、世界全体では10億3053万トンと前月から483万トンの上方修正となりました。2016/17年世界期末在庫は、2.1819億トンと前月から138万の上方修正、ロイター予想平均(2.1694億トン)をやや上回りました。

 2016/17年輸出高見通しは、ロシア、ウクライナがやや上方修正、米国、南米は据え置き、2015/16年輸出高は、アルゼンチンがやや上方修正となりました。
 
kon001
 
kon003
 
kon006
 
kon008
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事