当面のコメ相場の考え方/東北梅雨入り時期と7月までの日照焦点

現物流通市場は6月末の端境期末期に向けて典型的な品ガスレ商状。銘柄米の品不足感は強く、裾もの全体に下値切り上げ傾向となっている。定期市場は東西とも平成23年産福島中通り産米の受け渡しが主体であったが、次第に実体流通価格との値差を縮小する動きとなり、次第に渡し切りの売り玉解消で先限月から失速しつつある。このまま6月末まで、コメ相場全体に上昇圧力が残るものの、定期市場は自然に売り玉無しだが、新穀主体の相場展開となる中で手掛かり難から8月までは閑散地合いに。東北で冷夏が無く平穏であれば、今年の相場は6月までの水準で年内高値が確定も。東北の梅雨入り時期と7月末までの日照・気温を注視する場面へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事