ドル建て金の買いは一巡

クリントン氏のメール疑惑は訴追事実無しとなり、円全面安の流れは週明け7日のNY引け(東京8日朝7時)まで継続された。

ドル建て金は買いが一巡し、CMX12月限は今朝売り転換。それでも円安進行もあり、クリアに売りが回転せず、ディスカウント気配で常に推移する東京には外からの裁定買いが入りやすい。

ドル円は、クリントン氏で107円、トランプ氏で100円のイメージで、明日の昼過ぎの動きを警戒で。

PGMではプラチナが横ばいの円安換算で上。

原油は下値固めに入りつつ、明確な反発サイン無し。

シカゴ穀物は9日USDAレポート待ちながら、大豆増産のコーン減産を前提に値固め継続。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事