米長期金利1.85%越え、円安に乗る円建て金

米10年債は1.85%越えへ上昇。金利上昇が嫌われ米国株価は次第に下落傾向。貴金属は金と白金はドル建てが横ばい気味ながら、東京は108円方向の円安を背景に換算値で水準を切り上げる動きが見込まれる。

原油は次第に調整安一巡気配で、東京も安値売り込みを警戒。

ゴムは東京、上海とも通貨安を背景に週明けの上昇ブレイク待ち。

シカゴ穀物は大豆が輸出需要を背景に堅調で、11月限から1月限へのロールオーバーもあって、残存ショートの買い戻しが入りやすい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事