ロンドンで金スクラップの売り増加、金下げ余地100ドル

ポンド下落が通貨のバランスをドル高へ傾斜させている。この影響で貴金属が圧迫され、最弱はプラチナから金に交替。ロンドンで古いジュエリーなどスクラップの売りが出ている。1300ドル越えではスクラップ還流売り増の2016年金需給で、日本の8月金輸出は11トン(年間では130トン規模を想定)。地上在庫の還流が新規需要のETF買いを抑え、上がれず。もしもの1230ドル割れなら下げ相場に転換。100ドルは下値余地。

プラチナは1000ドル割れで下げ相場に転換し、これも需要失調相場。

一方、原油はブレントWTIとも上向きで買い目線を維持。

シカゴコーン反発開始。

※ここからは米国株の下落を警戒で。VIXも上昇中。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事