国慶節連休が近づく

OPECの生産コントロールが奏功するかどうかは石油製品需給に依存。それでもバレル45~50ドルで安定を模索し、バランスに向かう原油価格。

貴金属は通貨(ユーロ)が動かず基本は横ばいながら、マイルドな米金利引き締めが続く中で、そこそこ確りの2017年へ向かい、金が主導し銀確り。

一方でPGMはプラチナが重くパラジウムが堅調というイメージです。

シカゴ穀物は収穫期本番を迎える中で、所謂ハーベストローを形成していく秋相場。

来週は中国市場が国慶節連休に入ります、調整の動きが穀物、ゴム市場で発生するかも。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事