南アではAMCUとNUMがいつの間にか共闘戦線を展開

日銀会合は何もせずの静観もありうる。総じて米系に緩和期待が強い。FOMCは米系2社が利上げ観測あり。先々週から売り越しとなって米国債に影響を与えるのは日本勢にて、リスク震源は日銀にあり。

貴金属はドル安傾斜で金銀が横ばい回帰。プラチナもしばし続落回避で、安値売り持ちはリスク。

原油は北米パイプラインのトラブルが解消されつつ、洋上在庫はアジア向けに成約あり。

ゴムは上海市場が買いで復帰し反発しつつ、東京が追随中。

シカゴコーンは豊作確定に変りなく下落圧力が残るものの、米国在庫もタイトにて大きくは下がらずの地合い。

南アではAMCUとNUMがいつの間にか共闘戦線を展開。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事