日銀会合に関心(政策変更無しか)

日銀会合は何もせず静観もありうる。FRBも動かずとして失望感が強く米国債に影響を与えるのは日銀。リスク震源は日銀にあり。

貴金属は金銀失速気配のプラチナ続落で、特にプラチナに下落リスクあり。

原油は北米パイプラインのトラブルで、大西洋の需給は米国への原油輸出増でタイト気味。

ゴムは上海市場が買いで復帰し反発。

シカゴコーンは豊作確定に変わりなく下落圧力が残る。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事