レーバーデー明けの米国市場はドル売りで復帰

レーバーデー明けで米国プレイヤーが復帰。ドル買いで来るという見方は否定されドルは全面安。この反動で貴金属が持ち上がり、原油が反発。

トレンドが発生しつつある貴金属全般は買いの目線で。ただしドル円は101.35円割れなら再度の100円割れトライとなりますが、本流の貴金属買いへ。ドル安はアジア実需をサポート。動きやすいのは金銀だけ。

原油はこのまま横ばい傾向で、シカゴ穀物はハーベストプレッシャーが残る。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事