2017年に向けて長期停滞期入りのコモディティ

レーバーデーを前に閑散ながらドル買い圧力残存。原油がブレント、WTIともに下落を再開した。これで全商品下落モードに入る。非鉄では銅在庫が年初のレベルまで増加し、これは中国からシンガポール倉庫への持込みによるもので絶対余剰感が戻る。

ドル高伸展なら新興国通貨安となり輸入減、すなわち成約減、すなわち貿易量低下、需要失調のもとでの絶対余剰モードに入る。これでドル高と米金利上昇で、米国景気が減速するなら、来る2017年相場は非常に重い展開となります。今はその前哨戦かも。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事