天然ゴム市場「天然ゴム輸出削減策の4カ月延長が決定」

 先週の東京ゴム市場は、25日の8月限納会に向けて期近限月が急落しました。8月限が6営業日で30円ほど急落し、東京ゴムの当限と先限との価格差が一気に縮まりました。主生産国による輸出削減策の期限切れが迫っていることで、天然ゴム市場への売り人気が高まった模様。しかし、先週末の東京ゴムは、主生産国による輸出削減策の4カ月延長を好感して上昇に転じました。

 国際天然ゴム協議会(ITRC)加盟3ヵ国のタイ、インドネシア、マレーシアは、3月から8月までの6ヵ月間で61万5000トンの天然ゴム輸出を削減することで合意しました。そうした主生産国による価格テコ入れ策を背景として主生産国の現物価格が強含みを続けたものの、価格テコ入れ策の期限切れとなる8月末を前にして主生産国の現物価格が下落に転じ、それを受けて東京ゴムの期近限月の下げ足が速まりました。

 3月から開始されている輸出削減策の期限切れが迫る中、ジャカルタで開催されていたタイとインドネシア、マレーシアによる3カ国会合では、9月から12月にかけて計8万5000トンの追加輸出削減策が決定したことをインドネシアのゴム工業当局者が伝えております。輸出削減策の規模的では、9~12月の追加輸出削減策(8万5000トン)が3~8月の輸出削減策(61万500トン)を大幅に下回るものの、12月まで主生産国の輸出削減が継続されることに注目でしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事