金と原油価格の動向

 金価格は今週末に開催されるジャクソン・ホールにおける26日のいえれんFRB議長による講演を注目している。同日に公表される米国4~6月期の米国内総生産(GD)改定値は、前期比年率+1.2%を+1.1%に下方修正されると予想されている。7月のFOMCでは2人の委員が7月に利上げするべきだとしていたが、ブラード・セントルイス連銀総裁は「今後2年間で1回の利上げ」と述べ、ダドリーNY連銀総裁は下半期の経済成長は上半期を上回ると述べ、ウィリアムズサンフランシスコ連銀総裁は、米国経済は強いと見ている。また、ウィリアムズ総裁は利上げを早めに再開し緩やかなペースで利上げをするべきだと述べている。ロックハートアトランタ連吟総裁は年内、少なくとも1回の利上げが正当化される可能性があるという。こうした発言内容からは決定的な9月の利上げ予想は出ていない。米国の経済指標も物価上昇は抑えられているし、決して悪くはないが良くもないというニュアンスである。それだけに、イエレン議長が26日にどのような発言を行うかが注視される。いずれにせよ金の投資家は、まさかの事態があるとして、ドル高・金安に備えておくべきであろう。

 原油価格については、9月26日~28日にアルジェリアで開催される国債エネルギーフォーラムが注目されているが、現在サウジアラビアやロシアは原油生産量を最大限に行っている。8月のサウジアラビアの原油生産量は日量1080~1090万バレルと過去最大になっているという。つまり生産の凍結は最大生産量で凍結されるということであり、それが価格を引き下げる意味合いは持たないだろう。会議で合意がなされるという噂で原油価格は上昇し、合意がなされたら、その効果を疑問視して原油価格は下落するのではなかろうか。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事