中国の自動車販売は増加しているが、ディーラーの在庫も増えている

 Thomson Reuters GFMSによれば、上半期の中国の自動車販売は1,280万台に達し、前年同期比+8.1%増、生産台数は前年同期比+6.5%と好調であった。昨年同期の販売台数は前年同期比+2.6%であった。これは昨年10月軽車両に対する減税措置が効を奏しているように見える。6月の販売は前月比+2.3%、生産は前年+0.2%と伸びが縮小したが、5月のモーターショーで売買契約がなされた後なので、例年6月の販売は落ち込むこととなっている。それでも前年比ではそれぞれ+14.6%、+10.5%と大きく伸びている。

 しかしながら、中国自動車販売協会(CADA)の月次調査によれば、中国の自動車市場の在庫警告インデックス(China’s Vehicle Inventory Alert Index:VIA)は、6月は59.7%と今年最大となり、前月の51%大きく上回っている。インタビューを行った自動車ディーラーの6割以上が在庫は積み上がっていると述べており先月の3割から倍増している。
 
zu1
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事