コーン需給報告は、ブラジル大減産で反発だが、米国産作柄に問題なし

 昨晩USDAから発表された穀物需給報告によると2015/16年米国コーン期末在庫は700万Bu下方修正して17.01億Buとしました。

 飼料需要が5000万Bu、食品工業用が1800万Buの下方修正、輸入が7500万Buの上方修正となりました。2016/17年期末在庫は7300万Bu上方修正の20.81億Buとし、ロイター予想平均の22.05億Buを下回りました。

 今年の生産高見通しは145.40億Buに1.1億の上方修正となりました。飼料5000万Bu、エタノール2500万Buの下方修正、輸出1億Buの上方修正となりました。

 世界需給では、2015/16年ブラジル生産高が、6月中旬までの氷点下、現在の乾燥と異常天候が影響し、イールドが4.43トン/haと前年から18%ダウンの大凶作となっています。ブラジル生産高は、前月から-750万トン(7750→7000万トン)と3ヶ月連続の大幅引き下げで3ヶ月合計で1400万トンの激減となりました。ブラジル輸出高も旧穀新穀合わせて400万トンの下方修正でその分米国産の引き合いが高まり、当日のシカゴ市場はこれを好感して買われました。
 
kon001
 
kon003
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事