ポンド売り再開/PGM続伸、GOLD・原油高どまりコーン下値テスト継続

ブレグジットによるポンド売りは英金融緩和を示唆で、第2ステージへ入った。

貴金属はPGMがランド高を背景に上昇し、金銀も確り。円高圧力が消え始め足元は東京も買い目線で。

原油は横ばいに入り、円高阻止で確り。シカゴ穀物は45年ぶりの豊作を背景に小麦が下落し、コーンの下げを誘発。2016年作付け面積は増加し、作付け増高単収路線を継続。ゴムは上海主導で下値切り上げ傾向に傾斜。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事