リスクオンのドル安へ傾斜/貴金属全面高へ

ブレグジットによるポンド売りと株価下落は目先小康を取り戻し、ポンド、ユーロ、オージー、新興国通貨の反発もあり、目先ドル売りのリスクオンへ、円そのままで全面安。

この環境下で貴金属は銀にオプションマーケットから投機買いが発生し、PGMはランド高で反発した。

原油はノルウェーのストが2日から入るかどうか(生産17%減)、1日まで労使交渉中ながら、英国原油への買いは停滞したままで横ばいレンジに復帰。

ゴムは中国輸入は堅調ながら、これも横ばい。シカゴ穀物は来週にかけての降雨予報もあり、コーンが下落。30日発表の作付け面積はコーン減の大豆増の見通し。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事