ブレント原油は洋上在庫の売り先無く失速

FOMCアナウンスを経てドル高へ傾斜していた流れが変り、ニュートラル的にユーロ高ドル安に戻る。ポンドとドル円は下向きのまま。

金は1300ドルにタッチし高どまりつつ、銀が追随高を維持し、金銀は買いの流れ。それでもPGMは下向き。

原油は北海で洋上在庫の売り先がなく余剰感が表面化し、これは目先、売りの流れ。シカゴ穀物は大豆が目先上昇一巡ながらも、コーンが週末にかけホット&ドライの見通しにあり高どまり。ゴムは弱い。

日銀会合では円安への反転は想定されず。稼動を停止していや南アフリカの白金鉱山は週明けにもフル操業へ。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事