金と原油の動向

 現在世界には三つの懸念がある。

 一つは中国の不良債権や過剰設備、過剰在庫の処理問題、もう一つはBREXIT、最後は米国の大統領選挙である。こうした不安から金はセーフヘブンとして買われている。ジョージソロスはいち早く今年の初めから金のETFを大量に買い、また、金鉱山株式を購入してNEW MONT MINING COの株式の17%を握った。また、債権王のBill Grossも金は投資として魅力的であると述べている。

 すでに金価格は1月4日の1061.5ドルから6月13日の1286.9ドルまで、+225ドル、2割以上今年だけで上がっている。その背景には、マイナス金利というBill Grossに言わせれば、いつ爆発するかわからない超新星だという。こうした過去にない行き過ぎた政策は、いずれ様々な経済の歪みを発生させるであろう。

 今年に入ってからのNY金はわかりやすい動きをしている。ドル高になれば金安、ドル安になれば金高という相関計数▲0.85という高い負の相関関係ができ上がっている。

 そしてドル高になるのは米国FOMCで利上げがあると思われる時である。

 今週は14~15日がFOMCで、水曜日がイエレン議長の記者会見、木曜日が黒田日銀総裁が金融決定会合の後での記者会見、そして、金曜日はドラギECB総裁の記者会見が連日行われる。いずれも来週23日の英国のEU離脱を問う選挙が念頭にあり、思い切った動きは取れないであろうと予想されている。つまり今週は米国の利上げはないだろうが、イエレン議長が7月に向けてどのようなコメントを出すか注目される。7月の利上げ気分が増長すれば、ドル高金安となるだろう。そうでなければ金高が続くと思われる。
 
zu1
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事