ポンド乱高下で金が上昇

英国のEUからの離脱論議への関心が高まるなか、事前調査で離脱派が優勢となる度、ポンドが乱高下。ドル高円高地合いの元でドル建ての金銀が確りで推移し、こうした不透明感からビットコインが買われるなど経済有事へ傾斜中。

既に米国株は下落傾向に転じており、日本株も下落してドル高円高傾向。原油も反落し、ゴムも下落再開中。

シカゴ穀物だけが高どまりしていますが、TOCOM全体は円全面高が圧迫する。まだ危機的な状況ではありませんが、シナリオとしてはドル円105.50割れと101円攻防を意識で。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事