まさかのBrexitで金銀に買い

英国のEUからの離脱論議は今に始まったわけではなく、まさかのEU離脱もありとの想定で、直前の調査では離脱派が10ポイントリード。

米国株は先週末で上げ一巡となり、日経225は売り転換の3日目。ユーロ安、ポンド安が進展しつつの金価格の上げと、これは経済有事の買い。現在、方向感はドル高クロス円安の円高にて、ドル建て貴金属で上がっている金銀だけは確りでPGMは脇役へ。ブレント、WTIも横ばいとなり、東京は円高が圧迫。

シカゴ穀物は新穀に主導権を映しつつ産地での作柄進展待ち。本日、中国市場が連休から復帰し、先行下落した東京ゴムに追随安となるか。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事