サミット経てドル安へ傾斜、貴金属は失速続く

ユーロ、円でドル安に傾斜している。貴金属は買いが後退しておりドル建てが上がらず円高失速で買い持ち固執はリスク。はずみで金は1200~1180ドルもありうる。

原油はブレントが高どまりしつつ、シェルのアジア向け成約は6月は2隻目。シェブロンのナイジェリア施設閉鎖。メモリアルデーを経て米国はドライブシーズン入りとなり、製品主導の上昇へ。

シカゴ穀物はコーンが上昇傾向を維持しており、輸出需要堅調を映して続伸傾向。ゴムに反転兆候ありですが、それでも上海が下向きのまま。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事