コモディティ全面安回帰、ユーロ売り主導でドル高傾斜

現在、ユーロドルは1.1220ドルに位置。1.1100ドルまでの調整余地ありとして、目先はこのドル高圧力に支配されるドル建てコモディティ。

金は1240~1265ドルレンジで、これにドル円で111円がからむケースとなるでしょう。PGMは横ばいながらパラジウムが失速再開。

原油は北海に洋上在庫からの売りが戻り始め、50ドルを前に足踏み状態。ゴムは上海の下落が止まらず、東京と上海の相関下落が続く。

シカゴ穀物は大豆に目先天井感が見えつつ、コーンが下値切り上げ傾向。FOMCは確実に規定路線での引締めを実行。ドル金利上昇がじわじわと効いてくるはず。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事