金のETF需要が復活で押し上げ要因に。

先週、WGC(ワールドゴールドカウンシル)から発表された金の四半期需給報告「ゴールドデマンズトレンズ2016年1Q」によると2016年1-3月期の世界金需要は、1,289.8トンと前年同期比20.5%増加、世界金供給は、1134.9トンと前年同期比5%増となりました。

投資需要は、617.6トンと前年同期比122%増とETFの増加により急増しました。

そしてETF投資は、363.7トンと前年同期比10倍以上の1320%増となりました。前期は-67.6トンでしたが、4期ぶりプラスに転換となりました。米国の追加利上げが後退したことや、世界的な様々なリスク要因から、金ETFに資金流入が続き、金相場を押し上げていきそうです。世界最大の金ETFのSPDR金ETF残高は5/13現在851.13トンと今月に入ってから、約47トンもの増加となっています。

そしてゴールドマン・サックスも金価格見通しを引き上げ。3カ月見通しは100ドル上方修正の1200ドル、6ヶ月見通しが130ドル上方修正の1180ドル、12ヶ月見通しが150ドル上方修正の1150ドルとし従来見通しから、引き上げています。

金は投資需要の復活で堅調な推移が今後も見込まれそうです。

kintousi

kinetf

kin0516

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事