円安一巡、ユーロ安円高へ、メタルは確り

足もとは円安一巡気配。今朝のNY引けではユーロ円が上がれず、円安モメンタムが切れそうな予感。ポンドとオージー反発でユーロ売りとなり、これもユーロ円の下落につながる。

さて、貴金属はロンドンプラチナディナーを前にPGM確りの、金はコメックスの1,000トンの報告ポジションの買いの存在が不穏。これだけ買っても上がらない、ということ。

インドの実需は減少しており、アジアでは1,300ドル接近で買い無しのまま、カラ買いの1,000トンの存在が歪な金の市場バランスを形成。足元は確りながら反落も覚悟で。

原油は横ばいのまま実需フローが北海から消え、シカゴ穀物は南米減産の影響が米国産需給に響き大豆から急騰。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事