強気の大豆需給報告を受けてシカゴ大豆急騰

 昨晩USDAが発表した穀物需給報告は、2015/16年旧穀の米国大豆期末在庫は、4500万Bu下方修正して4.00億Buとしました。ロイター予想平均の4.26億Buを下回りました。圧砕が1000万Bu、輸出が3500万Buの上方修正となりました。新穀2016/17年期末在庫は3.05億Buとトイター予想平均の4.05億Buを1億も下回り、前年から需給が引き締まる見通しです。

 世界需給では2015/16年度の世界大豆生産高をブラジル生産高を-100万トン(1億→9900万トン)、、アルゼンチン生産高を-250万トン(5900→5650万トン)の引き下げで3億1585万トンと、前月から435万トンの下方修正としました。旧穀の2015/16年世界大豆期末在庫を7425.3万トンにと前月から476万トンの下方修正となりました。

 新穀の2016/17年世界期末在庫は、6820.7万とし、ロイター予想平均7323万トンを下回り強い数字となりました。需給が前年から600万トン、2年前から1000万トンほど引き締まる見通しとしています。

 昨晩のシカゴ市場は、米国、世界とも在庫が下方修正、南米生産高の下方修正を好感して、投機筋の買いが殺到、シカゴ大豆は57.25セント高の暴騰となりました。一般大豆先限も週明けに「抱きの一本立ち」(酒田五法の買い線)が出現、先高期待から買い気が強まってきてます。

 
daizu001
 
daizu002
 
daizu003
 
daizu004
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事