ドル建て金は1,300トライ

円全面高がドル全面安を誘発。2016年に黒字増加基調にあるドル円需給にあって、金融政策だけで円安になれというのは無理。明治のペリー来航以来、ドル円レートの方向感形成にあたっては米財務省の影響力が日本の財務省を越えていることは明らか。

もともと米国には為替政策はなく、その点は製造業が軸線にあって為替に依存する日本とは違うところ。単独で日銀は介入は出来ますが105円割れを経て100円接近時が節目、ドル全面安だからといって、危機的な状況ではない点は意識で。

米国株のSell in Mayがあるなら、5月相場は貴金属主体の上げ展開がありえるかも。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事