銀、コーン、大豆はヘッジ売り解消で急騰

銀、コーン、大豆は恐らくはコマーシャルに入る生産者のヘッジ売りが脱出しているのでは。いわゆる買い戻しで、どこかでオーバーショートになっていて、メキシコやペルーの鉱山やアルゼンチンの穀物トレーダーが売りを外しているのでは。

原油はブレントがバックワーデーションが定着しつつあり確り。原油本来の価格構造が戻って来ている。米国の商流よりも、ブレントリンクで決まる調達買いに価格支配権があるとして、原油の売りにも拘れず。

そして銀買いの底辺には太陽光パネル向け需要の年間2600トンがあり、これも実需相場。円全面安と株高にて、コモディティも確りとなり、引き続き買い目線を維持します。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事