主要産油国会議は、予想外にサウジ反対で増産凍結合意至らず

 ドーハーの会合待ちリスクに備え手仕舞い売りに押され週末のWTI原油相場(期近)は、1.14ドル安の40.36ドルで引けました。

 そして、昨日の17日の主要産油国会合では、参加が予想されてたイランは閣僚級の参加を見送りました。サウジアラビアが、イラン不参加に不満を示し、増産凍結が予想外に合意できず、週明けの電子取引は、8時現在約2.30ドルほど急落で38ドル近辺で推移しています。

 17日のシャナ通信によるとザンギャネ石油相は、TVインタビューでイランはあくまで経済制裁前の生産水準を回復するまで増産する方針だと改めて述べました。先週のOPEC月次報告によると3月のイラン産油量は前月から+13.94万バレル増(日量315.2→329.1万バレル)となっています。目標は400万バレルであと70万バレルほど増産する意向です。今後のリビア、イラン増産、そしてイラクの埋蔵量を鑑みると供給過剰を解消されそうにありません。イラクの3月産油量は前月比日量+4.35万バレルで2014年の日量326.5万バレルから現在419.9万バレルまで増加しています。合意見送りで一番喜んでいるのはイラクかもしれません。、主要産油国会議も増産凍結合意見送りのネガティブサプライズとなった失望感で再び売られそうです。 石油関連は戻り売り方針。

wti0418

opecsanyu

iran

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事