年初を100とすると

 最近の世界の動きで特徴的なのは、ドル安/円・ユーロ高と、それに伴う金・原油高であろう。今年の1月4日を100とした指数では、NY金が4月11日までに+16.9%上昇し、原油価格も+9.8%上昇しているのに対し、ドルインデックスは▲4%下落している。
 
zu1
 
 株価との比較では金が+16.9%上昇しているのに対しDow平均株価は+2.4%の上昇、上海B株は▲5.2%の下落、日経平均株価は▲14.6%の下落となっている。
 
zu2
 
 先進国通貨は、ドル円が+9.6%円高になり、ユーロ/ドルが+5.3%ユーロ高、英ポンドは▲3.2%安、スイスフランは▲4.8%安である。
 
zu3
 
 BRICS諸国他の主要通貨は、ブラジルレアルが+13.6%、ロシアルーブルが+8.4%、カナダドルが+7.7%、豪ドルが+5.6%、人民元が+1.2%、インドルピーが+0.4%で、ドルの▲4.0%に反比例して、2014年以来のドル高各国通貨安が反転している。
 
zu4
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事