ゴム週刊情報

◆ファンダメンタルズ
【産地】主要セントラルマーケットにおける集荷量は一日当たり40~66トン。週末現在、原料は35.13バーツ、オファーは4月積154.3セント(円換算約183.2円)で取引されている。
【在庫】全国生ゴム営業倉庫在庫は3月10日現在、前旬比498減の13,276トン。入庫量668トンに対し出庫量は1,166トン。
【前検 3月度のゴム品質検査請求(後期)はなし。

◆展開予想
 東京ゴムは180円を上回って始まった後は反落、週末現在は178円前後で取引されている。週の高値は181.2円。安値は175.1円。週初は上海ゴム市場が堅調に推移したことに連れて東京ゴムは180円を上回って取引されたが、その後は伸び悩み175~178円のレンジで保合いとなっている。タイでは減産期を迎えた中、タイ政府による買い付けも観測されており、価格の支援材料となっていると思われる。

 罫線は大きな動きが見られなく、終値ベースで178.0円を挟んだ横ばいとなっている。目前は2月29日安値と3月16日安値が結んだレジスタンスラインと、3月7日高値と3月23日高値が結んだアップトレンドラインの間に推移し、「上昇ペナント形」となっている。しかしながら、上記アップトレンドラインに位置する180.0円を突破できずに反落する場合、直近安値の166.1円まで急落する可能性もある。

 当先の鞘は減産期による供給逼迫が意識され順鞘6円程度まで縮小している。供給が極端に引き締まる可能性は薄いため、今後は徐々に拡大し順鞘10~12円程度に戻る可能性が高い。
 
ゴムチャート
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事