イエレン議長講演を経て、買い再開の金

29日のイエレン議長の講演であらためて利上げに慎重な姿勢を確認し、ドルは全面安に。

これを受けて貴金属は金が上昇を再開。白金、銀とパラジウムはそのまま。

原油は北海での調達がスローペースで重さが残り、東京は円高で圧迫され、ゴムも大きくは動けず。

そしてシカゴ穀物は旧穀の売り切りで期近の需給がタイトになるなかでコーン、大豆とも確りで、ドル安を背景に輸出需要が米国に回帰し確り。

さて、足もとはドル安に傾斜して行き、金、白金を先頭に買い指向のコモディティ全般となります。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事