イースターホリデー接近で、調整入りの貴金属と原油

イースターホリデー接近で調整のドル買いへ傾斜し、貴金属は堅調を維持していたPGMが下落し、先行下落の金に追随し、短期買いポジションの解消売りが先行、金が4月限から6月限へのロールオーバーで、4月売り/6月買いが先行して調整入り。

ドル買いの強さによっては1,220~1,200ドルまでの押し調整となり、貴金属全体も調整入りとなる。

ドル買い圧力は原油にも伝播し、ブレントは38.40~41.00レンジ入りで横ばい。ふわっと円安が支配するTOCOMですが、あくまで実態は上がっていないことを意識で。

シカゴ穀物は農家サイロからの在庫売りが圧迫し、戻りを抑える。

ともあれ、イースター前の調整入りが先行し、明日朝まで引き続き調整地合いが残るでしょう。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事