G20を経て円高、株安、原油安、金高へ

米国財務省が行き過ぎた金融緩和を批判、ヒラリー氏が為替操作に対抗措置検討と、ついに米国に動きあり。

株価はダウもSPも反落開始、日経225も売り再開。G20を経てクラッシュ気味に始まる3月相場。日経平均15000、ドル円で105円を意識で。

こうしたなか貴金属は金、白金が確りというよりも高どまり。原油はWTIが下落し続け、ブレント横ばいもあり得る。シカゴ穀物は中西部農業不況となるなかで市況下落、当面は弱含み。
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事